健康的で確実に痩せるために必要なことは・・・

全く運動することもなく、好きなものを好きなだけ食べたり飲んだりした結果、ポッコリと出たお腹やたるんだ体、さらに、健康診断を受けるたびに高血圧や脂肪肝、生活習慣病などを指摘され、健康に不安を感じている・・・という不健康な体を改善して、いつまでも健康でいたいという思いでダイエットを志す人は多いと思います。

しかし、実際に、どんな手法のダイエットを始めたらいいのか?

健康的に痩せるために必要なことは、激しい運動、甘いものや炭水化物を控えるなど、さまざまなことが思い浮かびますが、全くダイエットの知識がないという人は、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

現在、街の書店を覗いて見ると、多くのダイエット本が特設コーナーに平積みされており、テレビや雑誌などでも、さまざまなダイエット法が紹介され、溢れ返っている状態です。

それらのダイエット法の内容を見てみると、確かに効果はあるけれど、なかなか継続が難しい運動だったり、プチ断食とかいって無理な食事制限をしたり、中には、物理的、化学的に全く考えられないようなウソやまやかしのダイエット法も多く存在し、実際に、それらのダイエットを始めても、痩せられないで途中で挫折してしまう人は少なくありません。

これから、どんな手法のダイエットを始めるかを決める前に、まずは、自分自身でダイエットの基本を学ぶ必要があります。

現在、健康的に痩せるためのダイエット法として最も効果的とされているのが、筋力トレーニングなどの無酸素運動で筋肉を鍛えて、基礎代謝量を高めて痩せやすい体を作り、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動で余分な体脂肪を燃焼し、栄養バランスを考えた食事を適切な量だけ規則正しく摂れるようにしっかりと食事管理することです。

この無酸素運動、有酸素運動、食事管理を3本柱として、長く継続できるように無理のないペースで行うことが大切です。

どうしても運動経験があり、体力的に自信のある人は、激しい運動になりやすいですが、最初から激しいペースで行うと、なかなか継続が難しくなってしまいます。

最初は、モチベーションが高いため、辛い運動もこなせますが、徐々にモチベーションが低下して運動が苦痛になり、途中で挫折することになってしまいます。

確かに、無酸素運動と有酸素運動はダイエット効果がありますが、いくら頑張っても、その効果の量はほんの僅かしかありません。

2~3日で、何キロも体脂肪が燃焼するということはあり得ないので、少ない量でも、それを毎日継続して3カ月くらいで多くても2キロ減らすというペースが理想的だと思います。

このように、確実に効果があるというダイエット法を実践して、いかに“継続するか”が、ダイエット成功のカギとなります。

そして、運動と併行してしっかりと食事管理しなければなりません。

どうしても痩せたいという思いが強いと、食事も控え気味になり、栄養が偏ってしまいます。

ですので、栄養バランスを考えて、肉、魚、貝、豆類、卵、乳製品、油脂、海藻、野菜の9品目を満遍なく食べるように心がけましょう。

もし、バランスよく栄養を摂る自信がない時は、不足していると思われる栄養素を補うためにサプリメントの使用もいいかもしれません。

そして、適正な食事量を維持すること。

いくら運動でエネルギーを消費しても、それ以上に食事でエネルギーを摂取しては何の意味もありません。

大幅に食事量を減らす食事制限だけの手法は絶対に避けなければなりませんが、もし、食事量を制限するなら、1日の総消費カロリーより、150~200キロカロリーくらい減らすのが無理がなくて理想的です。

これからダイエットを始めようとする人は、無酸素運動、有酸素運動、食事管理の3本柱を長期計画で行うということを重要なポイントとして頭に入れ、そして、世の中に氾濫しているウソやまやかし、流行りのダイエット情報に惑わされないように注意して下さい。