ニキビ痕を残さないケアが大切!

誰もが一度は経験するニキビは、できないように予防するのが一番です。

それでも、できてしまったら正しいニキビケアで早めに治すことが大切ですが、一口にニキビと言っても、大きく2種類に分けられます。

そして、それぞれのできる原因は違いますので、まずは、特徴を知ることが必要です。

10歳代の後半に多くの人が経験するのが、思春期ニキビです。

この思春期ニキビは、成長期における男性ホルモンの過剰な分泌が影響して多量に皮脂が分泌されることが原因で発生し、おでこや鼻周りなどのTゾーンにできやすいという特徴があります。

ほとんどの若者が経験する思春期ニキビですが、年齢とともにホルモンバランスが整ってくれば、自然と治癒していきます。

それに対して、20歳を過ぎて成人してからできるのが大人ニキビです。

大人ニキビは、角質肥厚、活性酸素、ストレスなど、さまざまな要因が複雑に絡み合って発生しますが、まだ、はっきりとした原因は解っていないようです。

そして、あごや口の周り、フェイスラインなでにできやすく、治ったと思っても、また同じ場所に繰り返してできるという厄介なニキビです。

どちらにしろ、できてしまったニキビは正しいケアを施さないと、悪化して肌の深いところにダメージを与えて、肌に痕を残してしまいます。

ですので、ニキビ痕を残さないために、まずは、正しいニキビケア法を知ることが必要です。

例えば、ニキビができてしまったら、できるだけ触らないようにします。

刺激を与えると、化膿しやすくなりますので注意し、清潔を保つようにして下さい。

ですが、清潔感を保とうとする意識が強過ぎると、1日に何回も洗顔してしまい、洗い過ぎの状態になってしまいます。

すると、肌が乾燥して、逆にニキビができやすい状態になります。

洗顔は、朝と夜の2回で十分です。

そして、洗顔はしっかりと汚れを落とさなければなりませんが、ニキビができている付近は、傷つけたり、刺激しないように優しく丁寧に洗わなければなりません。

なるべくニキビ周辺は、触らないようにし、肌に触れるスポンジやタオルなどは、清潔なものを使用しましょう。

自分の手も、見えないようで雑菌が付いていると思います。

手をしっかり洗ってからスキンケアするようにしましょう。

また、寝具などもマメに取り替え、食事や睡眠も質の良いものが必要です。

食事は緑黄色野菜を中心に栄養バランスを考え、睡眠は最低でも6時間以上取り、毎日、同じ時間に寝て、同じ時間に起きるという規則正しい生活を心がけましょう。