安い価格のシャンプー剤が薄毛の原因かも・・・

女性のほとんどの人が、さまざまなシャンプーやトリートメントを使ったヘアケアによって髪を美しく清潔に保つために日々努力を重ね、髪の美しさやお洒落に磨きをかけています。

そんな中で、近年は、薄毛で悩む20歳代や30歳代の若い女性が増えているようです。

50歳を過ぎて加齢による影響で薄毛になるのは、どうしようもないこととしても、薄毛になる原因が自分自身にある場合は、早急に改善しなければなりません。

男性の薄毛は、本人さえ気にしなければ、別に隠すこともなく堂々と街に出られますが、女性の薄毛は、とてもデリケートな問題で、この悩みを語るのはダブー視されているほどです。

ということで、女性の薄毛、抜け毛の原因についていくつか挙げてみると、夜更かしを続けていつも寝不足状態だったり、無理なダイエットなどによって栄養が偏った食事スタイルだったり、ストレスを溜めていたりなど、乱れた生活習慣が最も大きく影響を与えているようです。

心当たりのある人は、しっかりと自分の生活スタイルを見直して、早速、改善していきましょう。

そして、普段は何も気にせずに使っていると思うのですが、毎日の洗髪に使っている安い価格のシャンプー剤も薄毛の原因になっているかもしれません。

そのシャンプー剤には、洗浄力を高めるために石油系合成界面活性剤が配合されています。

この石油系合成界面活性剤は、頭皮への刺激が強く、肌の弱い人は頭皮環境を悪化させてトラブルを引き起こし、その結果、薄毛や抜け毛につながってしまいます。

また、髪の毛のツヤを出したり、洗い上がりや手触りを良くする効果のシリコンという成分がよく配合されています。

このシリコンは、毛穴を詰まらせるというデメリットがあり、抜け毛の原因を作る恐れがあります。

シャンプー剤やトリートメントを選ぶ時は、「人気のブランド」「宣伝コピーに惹かれて・・・」「テレビコマーシャルを見て・・・」「泡立ちや香りがいいから」「とても安から・・・」など、さまざまな理由があると思いますが、使用されている成分にも、同じくらいこだわる必要があります。

また、1日に何度も洗髪するという洗い過ぎは絶対に避けましょう。

頭皮がベタついたり、匂いが気になって、直ぐにシャンプーしたいという気持ちも分かりますが、洗い過ぎは、乾燥を招き、逆に皮脂の分泌を高めて、頭皮環境を悪化させてしまいます。

洗髪は、頭皮に負担のないシャンプー剤とトリートメントを選び、1日1回で十分です。